福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターという資格の全体像

まずは簡単に福祉住環境コーディネーターの資格の勉強からはじめます。

福祉住環境コーディネーターは、1999年創設された、誕生してまもない資格です。
その背景には、高齢化社会が進む日本で、高齢者、もしくは障害者が、
安心して住める住環境を整えなくてはいけないと考えたからです。

しかし、建築や介護・福祉の専門化がいても、両方を補える専門家はいません。
そのため、幾度となく様々な問題が発生していました。

例えば、建築の専門家は、福祉・介護の知識はありませんので、 高齢者や障害者の住みやすい環境というのは理解できません。
どうしても、福祉・介護の観点よりも施工の方を優先してしまいがちです。

一方、福祉・介護の専門家は、建築の知識がないので、 施工上無理なことでも要求してしまいます。

その結果、利用者にとって住みづらい環境になってしまいます。

つまり、両サイドに立っても物事を考えられる専門化がいないのです。

そこで、誕生したのが福祉住環境コーディネーターと言う資格です。

この資格が生まれることにより、利用者のためになる、 住環境が整えられ、
建築、福祉・介護の両者の声にも応えられるようになります。

また、利用者も安心して、様々な悩みを相談することも出来るのです。

このような社会背景を考えられれば、 福祉住環境コーディネーターという資格が今後、
今以上に注目されることは間違いありませんし、 現に毎年数多くの受検者がいます。

以上が福祉住環境コーディネーターの主な概要です。
簡単にではありましたが、何となく福祉住環境コーディネーターのイメージは、 掴めたと思います。
そして、これから皆さんが勉強することは、 建築、介護・福祉ということも理解できたことでしょう!