福祉住環境コーディネーター検定の勉強方法

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターの勉強法!(通常のテキスト編)

公式テキストではなく、通常のテキストを使った場合の勉強法です。
通常のテキストでの勉強法は、基本的な方法を持ちいります。

テキストを読む→過去問を解くといった流れです。
最もシンプルで、最も効果的な勉強法だと言えます。

具体的には、まずテキストを読んで知識を覚えていきますが、
ここでのポイントはいきなり覚えようとしないことです。

この段階では、福祉住環境コーディネーターは、
どのような勉強するのかわからない状態です。
そのような状況で細かなところまで覚えようとしてしまえば、
無理やり頭に知識を詰込むことになるので、勉強が嫌になり挫折してしまう恐れがあります。

ですので、はじめは無理をしないでとりあえず一通りテキストに目を通して下さい。
そうすれば、全体の流れが把握でき、細かなところを勉強する際にも理解しやすくなります。

そして、次にノートに書きながら重要な語句や意味を覚えていけば良いでしょう!

一通り知識が理解できるようになれば、次に過去問を解いていきます。
この勉強も至ってシンプルで、まず、先ほど覚えた知識を使い問題集を解きます。
もし、わかなければ、解答をみて、それでもわからなければ、テキストで再度復習をします。

基本的にこの繰り返しでOKです。 特別な勉強をする必要はありません。

但し、ポイントがあります。
それは、問題集は3回以上繰り返すことと、
類似問題が出題されても対応できるだけの 知識を覚えることです。

まず、勉強で最も重要なのは復習です。
何度も繰り返し解いて、頭に記憶させるのです。
一度勉強して覚えたつもりでも、時間が経てば必ず忘れてしまいます。
なので、この復習は必ず行なってください。

次は、過去問に関連する知識をしっかりと覚えることです。
良くあるケースとして、過去問は解けても、本試験の問題は解けないことです。
それでは過去問を勉強している意味がありません。

重要なのは、多少表現を変えられても解けるだけの準備をすることです。
本試験では、過去問からの類似問題が多いのですが、
まったく同じと言うわけではありません。
それに対応できるだけの知識を身に付けることが重要です。