福祉住環境コーディネーター試験の難易度と合格率

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター2級と3級の難易度と合格率

この講座は、福祉住環境コーディネーター2級について、 話を進めていますが、
比較のために3級の合格率も見ていきます。

福祉環境コーディネーター2級合格率

  受験者 合格者 合格率
20回 14,793 7,209 48.7%
21回 15,977 10,572 66.2%
22回 15,119 6,547 43.3%
23回 18,021 9,292 51.6%

福祉環境コーディネーター3級合格率

  受験者 合格者 合格率
20回 10,385 4,787 46.1%
21回 10,830 5,630 52.0%
22回 10,988 7,527 68.5%
23回 10,302 6,420 62.3%

上記の合格率を見て、気づかれた方もいると思いますが、
2級と3級の合格率はさほど変わりません。
回によれば、3級の方が合格率は低いこともあります。

ここで、多くの方は勘違してします。
2級と3級の難易度はそれほど変わらないのではと。

確かに合格率という数字だけで見れば、 2級の難易度は高く感じないと思います。

しかし、実際は2級と3級では受験者層、 つまり受験者のレベルが異なるのです。

福祉環境コーディネーター3級の受検層というのは、 学生や業界未経験者が比較的多く、
受験者のレベルもそれほど高くありません。

対して、2級になれば、ある程度知識を有している業界関係者が多く、 試験対策もしっかりと行なってきます。

つまり、福祉環境コーディネーター2級と3級は、合格率がさほど変わりませんが、
2級の方がレベルの高い受験者が多いので、その分合格するのも困難になるのです。

現に、実務未経験の学生の合格率は、2級になると10%台になります。
また、試験概要のページで見たように、出題項目も2級と3級では全然違います。

まあ、合格率が高いにせよ、低いにせよ、真剣に勉強することには変わりません。
合格率が比較的高いからといって、なめてかかり、不合格になる人は たくさんいます。

合格率と難易度は、必ずしも比例しないことは覚えておいて下さい。